text.skipToContent text.skipToNavigation

診断用の膜およびアレイ

ポイント・オブ・ケアIVD(医療現場における体外診断用医薬品)の世界市場では、迅速な診断を行うための検査が重要なセグメントとなり、急成長を続けています。IVD機器においては、微多孔膜を用いた2つの手法が最も一般的に使われています。それはラテラルフローストリップとイムノブロットストリップです。しかしながら、そのシンプルさゆえに、ラテラルフロー法が最も普及しています。今日では、ザルトリウスが開発した特殊なニトロセルロース膜が、IVDストリップまたは新しいタンパク質アレイにおける一貫性の基準となりました。